木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

膝下!! 

膝下の使い方をイメージするだけで

身体の使い方が上手くなります。

 

インパクトまで右膝が左膝を追い越さないように

膝下から足指に出力させる練習をします。

f:id:golf-jyuku:20171006103338j:plain

始めはアプローチから練習して

違いを感覚でつかめば後は練習あるのみ!!

 

インパクトで腰がスピンアウトせず

力が伝わるのが分かりますよ!!

 

 

反応!! 

身体は反応します。

 

意図しない動きになりそうなときに

無意識に反応します。

 

ダフリがその典型です。

下から来ないように上から閉じる意識を持ちすぎると

寸法が合わなくなり

最後の最後でクラブを寝かせてしまいます。

 

そうしてダフリにつながるんですね~。

f:id:golf-jyuku:20180508213312j:plain

逆にクラブを寝かせるイメージでスイングすると

最後の最後にクラブが立ってしっかりインパクト出来たりします。

 

これがあるから人によって違う解釈が生まれ

理論がたくさんあるように感じるんですね。

 

 

引っかかり!! 

ゴルフの中でも嫌なミス

「引っかけ」。

 

今回はこの引っかけではなく

「引っかかり」についてです。

 

1年以上ブログを書いていますが

すべての記事が引っかかるわけではありません。

 

悩んでいる状況や、スイングの癖によって

なんかピンとくるものや

ピンとこないものがあって当然です。

f:id:golf-jyuku:20180202160018j:plain

私の表現で何か少しでも頭の中に引っかかりが生まれ、

イメージを変えることが出来ればいいなと思っています。

 

訳の分からないことはとばしてもらって結構です‼

 

何か「引っかかり」のあるものだけを参考にしてみてください‼

 

 

 

膝沈み!! 

 インパクトで膝が沈む人がいます。

f:id:golf-jyuku:20180710190452p:plain

昔の私がそうでした。

 

師匠からよく言われたものです。

 

「左膝が止まればええのに・・・。」

 

それからず~っと、左膝を止めるように練習しました。

でも治りません。

 

身体の悪い動きは、何か足らない動きをかばっています。

 

つまり、その動きだけを矯正することはできないのです。

 

実はこれも、クラブを寝かす動きにつながっています。

今考えると、膝が沈む動きは

ミスの大元である前傾角度の崩れを補正する動きだったのです。

 

でもね、ダスティンジョンソンは膝が沈むんです!?

よくあれで打てるなぁ~。

天才は違うんですかねぇ~。

 

 

前傾角度!! 

身体の前傾角度は大切です。

f:id:golf-jyuku:20180825210744j:plain

角度を変えないようにスイングしているつもりでも

意外と変わっていることが多いです。

 

前傾角度が起き上がると、

手元が身体から離れ、クラブが寝ます。

 

結果ダフリや、プッシュ、チーピンが出る

不安定なスイングになります。

 

大元の身体と手の動かし方をなおさない限り

安定したスイングにはなりませんよ!!

 

 

トラックスイング2‼  

トラックを身体として、考えてみましょう!!

トラックをどう走らせるかで、手元の意識が変わってきます。

 

ボールに対して

インサイドから走らせるか?」

「アウトサイドから走らせるか?」

 

飛球線方向に対して、

「右に走らせるのか?」

「左に走らせるのか?」

まずこのイメージを持つことが

手元の軌道作りに影響します!!

きちんと解釈できれば、スイングが簡単になりますよ!!

f:id:golf-jyuku:20170523163134p:plain