木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

左骨盤!! 

前回の右脇腹を伸ばさないために

意識するべき部分の答えです。

 

「左骨盤」

f:id:golf-jyuku:20181109130842j:plain

試してみてください‼

 

左骨盤が下がると右脇腹が伸びませんか?

逆に左骨盤を落とさないように高い位置で

キープさせようとすると右脇腹が伸びないのが分かりますか?

 

トップポジションのバランスは

これが正解です‼

右脇腹!! 

右脇腹は伸ばさないことが大切です。

 

右脇腹が伸びるということは重心が逆流し

トップのバランスが崩れてしまいます

 

結果、プレーンにクラブを下ろせなくなります。

 

右脇腹が伸びないようにするためには

右脇腹の意識だけでは改善しません。

 

f:id:golf-jyuku:20181109130434j:plain

どこを意識すればいいんでしょうか?

 

続きは次回に!!

コリオリ!! 

 

台風が右に曲がるのも

 

ボールが曲がるのも

 

コリオリ力が原因です。

f:id:golf-jyuku:20181019212035g:plain

回転する体幹がある以上、腕とクラブは

その運動のエネルギーの影響を受けます。

 

腕を落下させる感覚や

インサイドに引き付ける感覚が必要なのは

この力の影響を受けないようにするためです。

 

これが分かるとボールは曲がりにくくなります!!

捻らない!! 

体を捻ることが大切といわれますが

そうでもありません。

 

トップでは捻ったように見えているだけです。

 

特に背骨を中心に捻ると

上体が早くほどけて

アウトサイドからの軌道になりがちです。

 

右の股関節の上で折りたたまれている

ぐらいでちょうどいいんです‼

f:id:golf-jyuku:20180202131839j:plain

 

腕の隙間!! 

f:id:golf-jyuku:20181002204200j:plain

テークバックの隙間は

左腕と胸の間の隙間です。

 

ここが詰まりすぎると

切り返しでアウトからしかおりてきません。

 

インに引きすぎるとここが詰まってしまいます。

 

だからアウトに上げることがセオリーになるんです‼

 

 

隙間!!  

バックスイングは隙間が大切です。

f:id:golf-jyuku:20181002203402j:plain

身体を強く捻ることが大事だと考えていると

切り返しで隙間が無くなり

クラブがアウトサイドから下りてきやすくなります。

 

身体の回し方、腕の上げ方、隙間の無くなり方がポイントです‼

これが出来ればアウトサイドからクラブが下りてくる悩みは解決します!!

 

 

テークバックは隙間を作りましょう!!

隙間って、どこに⁈

 

続きは次回に・・・。