木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

ひっくり返す人!! 

どうしてもうまくいかない時は

やり方が間違ってます。

 

100mで9秒台や

160Kmのボールを投げるには

才能も必要でしょう。

 

ゴルフが上手くなるのは

才能ではありません。

 

「どうやるか?」

ただそれだけです。

 

上手くいかない人は

自分の中の常識をひっくり返してみましょう!!

f:id:golf-jyuku:20180525125047j:plain

 

疲れし人‼ 

返らぬ人は、何がかばってくれるのでしょうか?

 

前にも書きましたが、

 

「上体を突っ込ませて・・・」

 

「左サイドに身体を引っ張りまわして・・・」

 

身体がかばってるんです。

 

ボディーターンなんて言葉が

それを正当化します。

f:id:golf-jyuku:20180525124508j:plain

身体が疲れます。

 

正しく使いたいですね‼

 

かばう人!!

人間の身体は賢いです。

 

動かなくなった関節や

弱くなった筋肉があっても

他の関節や筋肉がかばってくれるからです。

f:id:golf-jyuku:20180525124000j:plain

これを代償動作と言います。

 

これのおかげで何とかなってはいます。

 

しかしこれをほっておくと

かばっている部分が疲弊して

更なる弊害を起こすことになるのです。

 

ゴルフも同じですよ!!

 

失いし人!!

 

 ヘッドターンが起こらない人は

ボールがつかまりません。

 

つかまえるためには、身体で左サイドに

引っ張りまわさなければならなくなります。

 

いわゆる「ひっかけ」ですね。

 

正しいヘッドターンが起こらなければ

正しいインパクトが作られません。

 

インパクトを失っているのです。

f:id:golf-jyuku:20180525123329j:plain

 

 

返さぬ人!! 

ヘッドをまっすぐ動かそうとする人です。

 

ストレートボールを打ちたいがあまり

目標方向にクラブフェースを向けつづける人です。

 

どんな人でもフェースターンはしています。

フェースターンがなければボールは捕まりません。

f:id:golf-jyuku:20170726162914j:plain

返さぬ人の正解は、返りすぎるの抑えるために返さぬ人になるのです。

 

「返らぬ人」が「返さぬ人」になってはいけません!!

 

 

返らぬ人!! 

ヘッドは返すのではありません。

 

勝手に返るようになるのが理想です。

 

上手い人は、返りすぎてつかまりすぎるのを嫌がって

返らないように意識することはあります。

f:id:golf-jyuku:20180525121932j:plain

 

 

つまりどんな時も返そうとはしないんです。

 

でも、問題はちゃんと返ってないのに返らないようにしている人が

多いことなんですよね~。