木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

つかまえ方!! 

ボールをつかまえる時に大切なことは何だと思いますか?

 

手元をクラブヘッドが追い越すことです。

身体を回しすぎて手元が先行するとクラブヘッドは遅れます。

 

手元を飛球線方向にもっていかずにクラブヘッドが前に行くようにする。

インサイドアウトにスイングするように使うことで

手元の動きを抑え、クラブヘッドの運動量は高まります。

 

手元は正面に振るくらいのイメージでちょうどいいんです‼

インサイドアウトのイメージです。

f:id:golf-jyuku:20190521150733g:plain

スイング応用!! 

 

片脚バランスをスイングに応用します。

 

スウェーせずにトップのバランスを作り、

そこからダウンスイングに入る前に元の位置に戻ります。

 

f:id:golf-jyuku:20190417173051j:plain


f:id:golf-jyuku:20190417173105j:plain

 

トップで左足を寄せさえすれば、

スウェーも防げ、ダウンスイングでのスライドまでついてきます。

 

いやーお得ですね!!

 

 

片脚バランス!! 

片脚立ちを行うと軸足はどうなるかわかりますか?

 少し外側に体重をかけてバランスをとろうとします。


f:id:golf-jyuku:20190417173027j:plain

 

この動きが大きくなればそれはいわゆる右腰のスウェーです。

 

スウェーを起こさないようにするには上げる足を

内側に寄せる必要があります。

 

f:id:golf-jyuku:20190417173039j:plain

右腰が流れていないのわかりますか?

これだけでもスウェーを防げますね。

 

続きは次回に!!

スクワット!! 

トップからのスライド(横移動)の必要性は分かりましたか?

 

ではどうやればいいでしょう。

 

一瞬のスイングの中に方向性の違う動きを

取り入れることは至難の業です。

 

トップのポジションから内側に寄せられた左足を

元の位置に戻せばいいんです。

 

元の位置に戻るイメージはスクワットのイメージです。

これが出来れば勝手にスライドが起きています!!

f:id:golf-jyuku:20171011162113j:plain

「内側に寄せられた左足?」

続きは次回に!!

横移動!! 

f:id:golf-jyuku:20190417170510j:plain


手を回り道させるにはもう一つポイントがあります。

 

トップからいきなり身体の回転が起こるのではなく

身体の回転の順番が少し後半になればいいんです。

 

では前半は何が起きているのでしょう?

トップからは身体は股関節の幅の中でスライド(横移動)が起こります。

もっと言うと 横に動くというよりは、元の位置(アドレス)に戻る動きです。

 

このスライドの間に、手は下へと動き出します。

これがきっかけです‼

 

 

 

 

身体と手!! 

ボールに当てるだけなら、

パターとドライバーどちらが簡単ですか?

 

パターですよね。

 

ドライバーなどのショットは

ヘッドスピードを上げるために

関節の梃子をつかい、

加速させなければならないからです。

 

だからこそ身体の動きと手元の動きを

コントロールしないといけないのです。

f:id:golf-jyuku:20170701160154j:plain

手元を動かす方向と身体を動かす方向を理解できれば

スイングはシンプルになります!!

 

 

回り道!! 

手元がボールに最短で向かうことが

ダメなことは分かりますか?

 

「突っ込んで」

「アウトサイドからクラブが下りてきて」

「カットして」

「スライスする」

 

手元がインサイドから下りてきて

回り道をして時間がかかり(=減速して)

フェイスがローテーションするんです。

 

f:id:golf-jyuku:20190310171523j:plain

手元をボールに直線的にぶつけるイメージでは

ダメなんです‼