木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

下から来ない!!

f:id:golf-jyuku:20180515220029j:plain

手元が浮いて下からクラブが入ると

 

「ダフリます」

 

でも、アウトサイドからクラブが下りてくる人は

何とかインサイドからクラブを入れようとして

手元を浮かして下からクラブを入れます。

 

上からクラブを入れることが大切です。

 

下から入れていたら膝立できちんと打てません

 

ダフりの正体!!

アドレス時のシャフトの位置に

出来るだけ近い位置にシャフトが来ることが

再現性の高いスイングです。

 

手元が浮いてクラブヘッドだけを

アドレスの位置に持って来ようとすると

ダフリます。

 

f:id:golf-jyuku:20180508213312j:plain

この場合インパクト付近での手とクラブの動く方向が逆になってしまいます。

外れるとか、ずれるといった次元ではないです。

逆方向に使っているんです。

 

この部分の違いを理解できると

ダフリの原因が分かってきますよ!!

 

 

 

右肩の回転軸!! 

右肩はインパクトまで大きく動かないほうが良いです。

かといって止めるわけではないです。

 

小さな回転軸で遠心力を引き出す感覚が必要です。

 

沖田のスイングを見てください。

f:id:golf-jyuku:20170426123233j:plain

腰の回転の後に、右肩の軸が崩れずに

まわっている感じ分かりますか?

 

このイメージ大事です‼

 

ダイナミックな動き 

前回の右肩の動きの続きです。

 

プロのスイングを見て思いませんか?

 

フィニッシュまで大きく身体を回し

右肩が目標方向を向くまで振り切っていますね。

 

f:id:golf-jyuku:20180410144647j:plain

「右肩も大きく動いてるやん」

て言いたくなりますね。

 

ここの解釈がポイントです。

この右肩の動きはフォロー以降のクラブヘッドの遠心力によって

引っ張られているだけなんです。

 

自ら大きく振ろうとしなくでいいんです‼

右肩の意識!! 

「肩を回せ」という言葉も怖いですね。

 実は

右肩の動きはインパクトまでは非常に小さいのです

 

f:id:golf-jyuku:20170630180655j:plain

 

下半身に引っ張られて動くだけでいいのです。

 

受動的に使うのが理想ですが

どうしても能動的に使ってしまいますね。

なぜなんでしょう?

 

続きは次回に。

 

 

言葉の解釈!! 

「身体を使う」という言葉を意識しすぎると

身体を動かしすぎるというミスにつながることがあります。

 

「スイング軌道は楕円が正しい」という言葉を意識しすぎると

スイングが間延びしてうまくいきません。

 

以前は2軸スイングなどもはやりましたが

これも解釈をミスるとえらい目にあいます。

f:id:golf-jyuku:20180410143411j:plain

結果身体が使えた、結果楕円になるくらいが理想ですよ。

 

ゴルフは言葉の解釈が大切です。

 

金槌!! 

ゴルフスイングは、ボールを安定させたいため

フェイスをまっすぐにしてボールとコンタクト

させようとしがちです。

 

でも本当にボールを安定させたいのなら

エネルギーを伝えたい方向にしっかり伝えることが大切です。

 

つまり、優先すべきは

 

フェースの向きよりもエネルギーです。

 

金槌を使う時、面をはじめから最後までまっすぐにしますか?

f:id:golf-jyuku:20180330202847j:plain

 

手元を支点に遠心力を使った方がエネルギーが伝わりやすいです。

 

面を変えず、まっすぐ押さえると

釘はうまく刺さらず、曲がりますよ。

 

フェース面はローテーションしていいんです‼