木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

前傾姿勢でモデル立ち!! 

 

ゴルフスイングでの股関節の使い方は

モデル立ちがポイントです。

 

ただそれだけではスイングになりません。

あとひとつ重要なことは、

 

「前傾姿勢をとることです。」

f:id:golf-jyuku:20180109165215j:plain

 

前傾姿勢をとって、モデル立ちをしてみましょう!!

 

これで腰は回っているように見えるんです。

本人は回す気などないのに・・・。

 

本人の意識と現実が違うんです。

モデル立ちからの~!!

モデル立ち。

 

逆の足でモデル立ちです。

 

モデル立ちを左右交互に繰り返してみてください。

 

f:id:golf-jyuku:20180109164439j:plain

こんな感じになりますよね。

関節の動きはこれで正解です。

 

「これでは肩が下がって良くないのでは?」

と思わないでくださいね。

 

ゴルフスイングにするためには

あとひとつ重要なことがありますから!!

 

バックスイングはモデル立ち!!

前回の股関節を畳むとはどういうことでしょうか?

 

腰を回すのでもない。

止めるのでもない 。

 

ではどういうことか?

 

「腰は水平に移動する意識でちょうどいいんです」

 

バックスイングでは、水平に腰を移動してみてください。

骨盤を足(大腿骨)にめり込ませるように!!

 

 このモデルさんの右股関節がヒントです‼

f:id:golf-jyuku:20180109154714j:plain

畳む!! 

「腰は止めるでもない」

 

「腰は切るのでもない」

 

でも

「腰のパワーは必要」

 

ではどうしたらいいの?

不器用な腰をどのように使えばいいのでしょうか?

 

答えは股関節を畳む使い方です。

 

股関節の鼠径部のラインに沿って畳むのです。

 

回すのではなく右、左と畳み込みます。

 

この動きで腰は回転しているように見え、しっかりと使えてくるのです。

f:id:golf-jyuku:20171229094744j:plain

腰は止めない!! 

バックスイングは腰を止めないといけないと思ってませんか?

スウェーを防ぐために腰は動いてはいけないといわれます。

 

確かにスウェーはよくありません。

 

腰が回りすぎ、重心が流れると

クラブは安定して下りてきません。

 

 でも動作の途中で完全に止まっている部分があると

スイングはめちゃくちゃぎこちなくなります。

 

「少し横(水平)に動くぐらいが正解です!!」

f:id:golf-jyuku:20180109160053j:plain

続きは次回に。

 

腰=股関節と骨盤!! 

ゴルフでよく使われる腰という表現。

 

これは厳密にいうと間違いです。

 

外見上腰のあたりの動きなので「腰」と表現されているのです。

 

ではゴルフでよく使われる腰とはいったい何なのでしょうか?

 

答えは、

「股関節と骨盤」です。

f:id:golf-jyuku:20180109160901j:plain

この部分をどう使うかが

下半身を有効に使えるかどうかに

繋がります!!

力感!! 

強いインパクトを作ろうとした時の

一番問題になる点は何だと思いますか?

 

「自分の中での力感と実際の出力が違うこと」

 

身体に力が入り、いかにも強そうなインパクトでも

外に力が発揮できていなければ、

クラブに力が伝わっていなければ、

意味がありません。

 

身体の力を力を伝えるモーションは

意外と小さいんですよ。

こんな感じです↓

f:id:golf-jyuku:20171006103338j:plain

どの関節がどんな方向に動いているでしょうか?

下半身が暴れるほど使うのとは違いますよ。

次回からこのあたりの動きを細かく説明していきます!!