木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

シャットフェース!! 

「バックスイングでシャットにフェースを上げなさい。」

 

「フェースが開くとスライスするので、少し閉じる方が良いですよ。」

 

よく言われるレッスンですが、これは怖いです。

私も初心者のころ、言われました。

 

「クラブフェースは開いてはいけない。」

 

前回にも書きましたが、ゴルフクラブ

ヘッドがターンしないと力が伝わらない構造になっています。

 

試してみてください。

 

シャットに上げた時と、適度にフェースを開きながら

バックスイングした時の右肘と身体との距離を見てください。

 

シャットに上げた方が離れてませんか?

この状態は上体が突っ込みやすい状態です。

f:id:golf-jyuku:20170905161540j:plain

アウトサイドからクラブが下りてくる原因の一つです。

 

ダウンスイングのミスはバックスイングで始まっているんです‼

 

 

 

重心距離!! 

ゴルフクラブはシャフトの延長線上に打点がありません。

少し離れた位置に打点があります。

f:id:golf-jyuku:20180309122406j:plain

この距離は重心距離といわれ長い程ヘッドが返りにくく

短い程ヘッドが返りやすいです。

 

これが何を意味するか分かりますか?

 

重心距離が長かろうが、短かろうが

クラブヘッドは返らなければいけないんです。

 

その力がかからないと、当たり負けしてボールは捕まりません。

 

クラブフェースをまっすぐ動かす意識はいりませんよ!!

かといって手元で返すのが良いわけではないですよ。

 

分かれば簡単なんです‼

手を使わないように手を使う!! 

クラブヘッドは緩やかにターンします。

 

手元のスピードを落とすとクラブヘッドはリリースされ、

ローテーションが起こります。

 

フェイスローテーションは、手元で返すわけではありません。

f:id:golf-jyuku:20180309120831j:plain

手を使って返すわけではなく、

結果手が返るように手元を使うということです。

 

間接的に使うというイメージですね‼

 

 

手首のてこ!! 

手を暴れさせないようにするということは

バックスイングで腕を上げようとしないことです。

 

バックスイングでは、手を上げる意識はいりません。

 

むしろ手は下げるぐらいの意識が大切です。

 

 そうすることで手首を支点とした梃子の力が働き

クラブヘッドが上がります。

 

 

 

 

f:id:golf-jyuku:20171013111704j:plain

前にも言いましたが、

釣り鐘の中にいるよう感じになるんです‼

 

ぐるぐる巻き!! 

 

 身体が上手く動いてきても

腕が今まで通りだと変化はありません。

 

せっかく身体が動いていているなら

肘を身体から離さずにスイングしてみてください。

f:id:golf-jyuku:20180202161657j:plain

肘でわき腹をこするような動きになります。

 

腕は暴れないように使うことが大切です。

暴れないように手は使わないといけません。

結果として手元は身体の近くに来ます。

 

少し緩めに、ぐるぐる巻きにされているような感覚です。

 

これがわかるとスイングが楽になります!!

 

 

 

手元と身体の割合‼ 

股関節や肩甲骨が上手く使えると何が良いのでしょう!!

 

もちろんパワーが伝わります。

 

でもそれ以上に大事なのが、

自由度の高い手の可動範囲を小さくでき、

再現性が高くなることなのです。

 

手元主導で動いてもボールは打てます。

むしろこちらの方が早く上達する気がします。

 

でも本当に上達するため(安定感や再現性を高める)には

やはり身体の使い方が大事なんです。

 

手を使うなと言っているわけではありませんよ。

f:id:golf-jyuku:20180202160018j:plain

手元と身体の使う割合が変わるように手元や身体を使うってことです。

 

 

右肩甲骨も畳める!! 

右股関節が畳めると、右肩甲骨もしっかり入りやすくなります。

肩甲骨が背骨に近づきトップのバランスが良くなります。

上半身が突っ込む人はこのバランスが悪くなりやすいです。

 

但し、上半身だけ意識しても治りません。

 

股関節の畳み込みがあって勝手に右肩甲骨も畳めてきます。

f:id:golf-jyuku:20180202131839j:plain

上手くできるようになると、

トップでの重心がかなり後方に感じるでしょう。

 

試してみてください‼