木本茂晃のゴルフ塾

考え方が変わらなければゴルフは変わらない!!

前傾角度を保つ回転トレーニング!! 

スクワットで前傾姿勢を保つ準備が出来た人は

次のステップに進みましょう!!

 

身体を水平に回すには股関節が上手く使えないといけません。

まず股関節の柔軟性が必要です。

 

そしてそれよりも重要なのが

「右脇腹を縮めない事。」

 

回転しているときに右脇腹を縮めると肩が落ちてしまい

ダフリトップ やとんでもないミスが出てしまいます。

 

股関節、体幹をレベルに回すトレーニングに最適なのが

ツイストレッグプレスです。

f:id:golf-jyuku:20200813185737j:plain

f:id:golf-jyuku:20200815103850j:plain

スイングをイメージしながら行うと効果大ですよ!!

 

使い方を筋肉に覚えこませれば

何発も球を打つよりも上達が早いです。

効率よく上手くなりましょう!!

 

 

 

 

 

スクワットについて!! 

一般的なスクワットは、大腿四頭筋をメインに鍛えます。

 

しかしゴルフの前傾角度を保つために鍛えたいのは

股関節を中心としたスクワットです。

 

腰が入り、殿筋やハムストリングを効かせることが重要です。

  

一般的なスクワットは上下に動くイメージありませんか?

これはシャフトを上に持ち上げる動作なので、

そう解釈するのは仕方ありません。

 

私のやり方ではこう考えます。

「下からシャフトを持ち上げるのではなく、

シャフトと地面との間に自分の身体(股関節)を入れていきます。

「上下というよりも前後に動くイメージです。」

結果、膝関節よりも股関節を使ったスクワットが出来るのです。

f:id:golf-jyuku:20200728173537j:plain

骨盤が立つこと、

胸が張れること、

膝が曲がり過ぎないことがポイントです。

 

 

しかも、股関節に負荷がかかるのは

クォーターSQポジションだけです。

深く下しすぎると、四頭筋がメインになってしまいます。

何処で受け止めるかを感覚的に理解しないと

狙った部位を鍛えることは出来ません。

 

股関節にしっかりと負荷を乗せるには

ちょっとしたコツがいるんです!!

 

ゴルフトレーニングについて!!  

f:id:golf-jyuku:20190924105702j:plain


「前傾角度を保ちなさい」

レッスンなどでよく言われる言葉です。

 

ではどうすれば前傾角度が保てるのでしょうか?

 

レーニングの世界の言葉で言えば、

前傾姿勢をコントロールする事と言えます。

 

ではコントロールとは何でしょうか?

 

負荷や動きに対して、

身体の位置を意図した場所に維持

もしくは移動させることです。

 

それを考えるとゴルフスイングで一番大事なトレーニングは

スクワットと言えます。

 

スクワットは負荷を受け止め、負荷を跳ね返します。

つまり負荷に対して、身体の曲げる角度を広げたり狭めたりします。

 

これがコントロールです。

この能力を高めることがスイング中の前傾姿勢の維持に大きく役立つのです。

 

但しスクワットには色々な種類があります。

ゴルフに直結するスクワットは股関節伸展スクワットです。

 

股関節伸展スクワットの説明は次回に!!

 

クラブは寝て下りてくる!

私の師匠の言葉です。

 

「クラブは寝て下りてこなければならない。」

 

「ボールに当たる最後の最後でクラブは立ってくる。」

 

途中で立てようとすると

インパクトで寝かせるという

悪い動きになってしまいます。

 

この言葉を理解するのに3年はかかりました。

 

この真逆をやり続けてチーピンを打ちまくっていました。

理屈がわかればチーピンは出ません。

 

f:id:golf-jyuku:20200702203548j:plain

チーピンで悩んでいる人は是非ご相談ください!!

手元を前に出さない!!

f:id:golf-jyuku:20190521150733g:plain

ボールをとらえるイメージはこのイメージが一番近いです。

手元をクラブヘッドが追い越しています。

 

しかしながらこの動きを見たまま再現することは非常に難しいです。

 

トップからいきなりダウンスイングするとこの形にはなりません。

 

手元が右股関節の横に降りてくるようにすることが大切です。

 

これが「手を使わないように手を使う」ということです。

 

この時クラブは寝かせた方が行い易くなります。

トップからクラブを寝かせるなんて

一昔前ならタブーでした。

 

こうすることで、ボールが捕まるスイングが出来るんです!!

 

 

心機一転!!

コロナ自粛の間に自宅の断捨離を行った人が多いのではないでしょうか?

私も過去の投稿を見直し、誤解を招きそうなもの、理解しにくい物を削除しました。

 

これからはより核心的なポイントだけを投稿していきたいと思います。

量より質にこだわっていきますのでよろしくお願い致します。

 

クラブヘッドを返す動作はテニスのサーブをイメージするといいです。

 

テニスのサーブは、上にあげたボールをさらに上に打つようにラケットを使うことで強烈に下に切り替えされ、ボールを下方向に打ち抜きます。

f:id:golf-jyuku:20200605165829j:plain

筋力で下に打つのではないのです。

上に打っているんです。

 

出力された力が行き場を失い方向転換するんです。

 

ゴルフのクラブヘッドもこのイメージが大事です!!

打ちたい方向に打つのではないんです!!

 

これ結構大事です!!

 

横に動かさないから、横に動く!?

主語が無いと何を言ってうかわかりませんね??

 

 

クラブヘッドはボールの横から当たります。

そして横に動きボールを飛ばします。

 

目で見える範囲でその動きを再現しようとすると

手元を横に動かそうとしがちです。

 

でもこの動きはクラブヘッドを走らせない動きなんです。

走らせないだけでなく、ボールもつかまりにくくなります。

 

手元の意識は横に動かすよりも縦に動かすくらいでいいんです。

 

縦に動かすとクラブは横に動くんです。

つかまる動きになるんです。

 

(手を)横に動かさないから、(クラブが)横に動く。

 

結果をコントロールしましょう!!

f:id:golf-jyuku:20200202170316j:plain