木本茂晃のゴルフ塾

考え方が変わらなければゴルフは変わらない!!

クラブは寝て下りてくる!

私の師匠の言葉です。 「クラブは寝て下りてこなければならない。」 「ボールに当たる最後の最後でクラブは立ってくる。」 途中で立てようとすると インパクトで寝かせるという 悪い動きになってしまいます。 この言葉を理解するのに3年はかかりました。 こ…

手元を前に出さない!!

ボールをとらえるイメージはこのイメージが一番近いです。 手元をクラブヘッドが追い越しています。 しかしながらこの動きを見たまま再現することは非常に難しいです。 トップからいきなりダウンスイングするとこの形にはなりません。 手元が右股関節の横に…

心機一転!!

コロナ自粛の間に自宅の断捨離を行った人が多いのではないでしょうか? 私も過去の投稿を見直し、誤解を招きそうなもの、理解しにくい物を削除しました。 これからはより核心的なポイントだけを投稿していきたいと思います。 量より質にこだわっていきますの…

横に動かさないから、横に動く!?

主語が無いと何を言ってうかわかりませんね?? クラブヘッドはボールの横から当たります。 そして横に動きボールを飛ばします。 目で見える範囲でその動きを再現しようとすると 手元を横に動かそうとしがちです。 でもこの動きはクラブヘッドを走らせない動き…

「迎厚」!! 

あけましておめでとうございます。 今回は「迎春」ではなく、「迎厚」。 今年は、分厚いインパクトを迎えていただきたいからです。 では分厚さとは何でしょうか? インパクト時に飛球線に対して どれだけ身体が開いていないかです。 腰を切ることは大切です…

八相の構え!!

ゴルフが上手くなりたいならこの構えが大事です。 クラブが開きにくく、インサイドから打ちやすい。 スイングがわかってくるとここまで大げさでなくても この動きが入っているんです。 観てみて下さい。 野球でもゴルフでも、 この動きが入っています!! 変わ…

手の角度!!

グリップを作る際にあまりレッスン書で言われない大事なポイントがあります。 それは 左右の手の角度です。 ①右手を手前側にズラすように角度をつけてみてください。 ②その角度を保ってクラブを握ってみましょう。 何か変化に気づきませんか? 右肘が身体に…

卓球!! 

ゴルフは直感的に インパクトゾーンを まっすぐ動かそうとしますよね。 これがスイングを壊す原因です。 ボールに回転をかけるくらいフェースを 縦に動かしたり、 上下に動かしたり、 してみてください。 卓球のラケットを扱うぐらい極端にやってみましょう!…

断捨離!! 

誤って解釈しやすいセオリーを捨ててみましょう!! 断捨離です!! 「腰を切る。」 「身体を速く回す。」 「上から叩く。」 「フォローを大きくする。」 思い切ってやめてみましょう!!

笑顔!!

渋野日向子プロおめでとうございます。 いい感じで寝不足になりました。 ワンオンを狙ったところ、 最後のパットを打つ直前の笑顔、 最後ボールが入る前から入ることが分かるような動き すべてがかっこよかったです!! ホントかどうか知らないですが 最後のパ…

スイングは結果!!

ゴルフが上手くなるために 身体の動きを意識することは大切です。 その時にスイングを作ろうとするとおかしくなりやすいです。 スイングは結果です。 身体を動かす意識とクラブの動く結果は逆になることが多いです。 セオリーを間違っていた捉えやすいのはこ…

下から上から? 

これは上から投げてますか? 下から投げてますか? 何を基準にするかで見え方が違いますね。 ゴルフも同じです。 アウトサイドからクラブが下りてくる人には 下から上に打つイメージを持つとインサイドアウトに 振りやすくなります。 でも勘違いしないでくだ…

つかまえ方!! 

ボールをつかまえる時に大切なことは何だと思いますか? 手元をクラブヘッドが追い越すことです。 身体を回しすぎて手元が先行するとクラブヘッドは遅れます。 手元を飛球線方向にもっていかずにクラブヘッドが前に行くようにする。 インサイドアウトにスイ…

身体と手!! 

ボールに当てるだけなら、 パターとドライバーどちらが簡単ですか? パターですよね。 ドライバーなどのショットは ヘッドスピードを上げるために 関節の梃子をつかい、 加速させなければならないからです。 だからこそ身体の動きと手元の動きを コントロー…

手元の運動量!!

このコラムでもさんざん言っていますが、 大事な要素に「手元の引き付け」があります。 手元が減速するのでクラブヘッドが走る。 でもスピードを意図的に落とすのでもない。 勝手に落ちるように。 これで大分近づきますが、まだまだむずいですね~。 減速す…

スピード!! 

スイングにおいてスピードの概念は大切です。 特に大事なのが、 「バックスイングを安定させるスピード。」 「フェイスローテーションが起きるスピード。」 理想は、バックスイングは速く、ダウンスイングはそれよりも遅くなります。 それができると上の二つ…

「身体を止めるな」の解釈!! 

塩味が付いているものに 更に塩はつけないようにということです。 辛くなりすぎると嫌なので 「減塩する方が良いよ。」 これが「身体を止めるな」の解釈です。 でも塩味がついてない人には 塩をつけないといけません。 流れの中で無意識にできていることに …

二山型!!

身体の動きのスピードを計測する機械を使うと プロゴルファーの身体の動きが分かります。 インパクト前に身体の動きがほぼ0になり その後また動き出すことが分かります。 (二山型のインパクト) この身体の回転スピードが限りなく0に近くなる動きが フェイ…

何が正しい⁉ 

「スイングはいきもの」 私の師匠の言葉です。 身体は反応します。 「右が嫌な時」 「左が嫌な時」 「ミスしたイメージが残る時」 「無意識でコントロールできない反応を 意識でコントロールするために 沢山の引き出しを持ちなさい」 アドレス、グリップ、ボ…

押すか?引くか? 

私がゴルフを始めたころ ジャンボ尾崎さん、青木功さん全盛期。 当時の主流派インサイドアウト(押す)でドローが正義でした。 次の世代丸山茂樹さん全盛期には インサイドイン(引く)のフェードが正義となりました。 どちらも正解です。 どちらか一つの要…

錯覚!! 

ゴルフスイングは初心者の人ほど 身体はほとんど動きません。 こういう人に「身体を回せ」は非常にいいアドバイスです。 しかしながらある程度ゴルフの練習をしてくると ほとんどの人が身体を回せるようになり上手くなります。 そしてこの成功体験から 「回…

肩を回す、腰をきる!! 

私が諸悪の根源と思っている言葉。 「肩を回す」 「腰をきる」 この言葉のせいで、 遠回りして、 帰ってこれなくなって、 挙句の果てに、 ゴルフをやめてしまった人もいるのではないでしょうか? 肩も腰も、 必要な範囲で動かし、 その範囲で止めるくらいで …

脱回転!! 

ゴルフスイングは回転と思われがちです。 実際図のようにイメージしている人が多いのではないでしょうか? 確かに体の動きや、クラブの軌道を見れば回転にみえるでしょう。 でもこれらの動きは、関節の減速や加速によって成り立っています。 このイメージで…

意識と結果!! 

身体が反応すると結果が変わります。 つまり自分の意識と逆の動きを身体がしてしまうのです。 そうなると意識を変えてみることも大切です。 スポーツ動作は逆の意識が正解であることも多いです。 自分の身体の使い方を見つけたいですね!!

反応!! 

身体は反応します。 意図しない動きになりそうなときに 無意識に反応します。 ダフリがその典型です。 下から来ないように上から閉じる意識を持ちすぎると 寸法が合わなくなり 最後の最後でクラブを寝かせてしまいます。 そうしてダフリにつながるんですね~…

ひっくり返す人!! 

どうしてもうまくいかない時は やり方が間違ってます。 100mで9秒台や 160Kmのボールを投げるには 才能も必要でしょう。 ゴルフが上手くなるのは 才能ではありません。 「どうやるか?」 ただそれだけです。 上手くいかない人は 自分の中の常識をひ…

疲れし人‼ 

返らぬ人は、何がかばってくれるのでしょうか? 前にも書きましたが、 「上体を突っ込ませて・・・」 「左サイドに身体を引っ張りまわして・・・」 身体がかばってるんです。 ボディーターンなんて言葉が それを正当化します。 身体が疲れます。 正しく使い…

失いし人!!

ヘッドターンが起こらない人は ボールがつかまりません。 つかまえるためには、身体で左サイドに 引っ張りまわさなければならなくなります。 いわゆる「ひっかけ」ですね。 正しいヘッドターンが起こらなければ 正しいインパクトが作られません。 インパクト…

返さぬ人!! 

ヘッドをまっすぐ動かそうとする人です。 ストレートボールを打ちたいがあまり 目標方向にクラブフェースを向けつづける人です。 どんな人でもフェースターンはしています。 フェースターンがなければボールは捕まりません。 返さぬ人の正解は、返りすぎるの…

返らぬ人!! 

ヘッドは返すのではありません。 勝手に返るようになるのが理想です。 上手い人は、返りすぎてつかまりすぎるのを嫌がって 返らないように意識することはあります。 つまりどんな時も返そうとはしないんです。 でも、問題はちゃんと返ってないのに返らないよ…