木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

キレよりも粘り!! 

「身体のキレが違うね~。」

 

「腰が回ってるね~。」

 

ゴルフでは、このように腰の回転が良いことが褒められます。

 

この言葉を聞くと

やみくもに「早く腰を回せばいい」と捉えてしまいませんか?

 

私も試しました。

「自分のできる限りの速さで腰を回そうと・・・。」

結果、タイミングも合わないし、ボールも飛ばない。

 

なぜでしょうか?

 

でも目的を考えてみてください。

スイングの目的はボールに力を伝えることです。

 

力とはスピードだけでは測れません。

 

想像してみてください‼

 

「時速100キロのピンポン玉」

「時速100キロのテニスボール」

「時速100キロの野球のボール」

「時速100キロの車」

 

もう一つ大事な要素がわかりますよね。

そうです、重さです

 

ヘッドスピードだけ速くしようとするなら

軽いクラブを振ればいいんです。

 

身体の力が乗ったうえでスピードが速いことが重要です。

腰のキレというよりは、腰の粘りの方が正しいと思います!!

 

スイング作りの肝がこの粘りですよ!!

f:id:golf-jyuku:20171020145049j:plain