木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

頭も止まらない!! 

身体が動かなければならないことはよく言われますが、頭が動いたほうが良いとは言われません。

 

これは、明らかな伸び上りや、

突っ込みに関しては正しいです。

でも身体を使ったスイングをする上では動くのが正解です。

 

しかしながら「頭を動かすな!!」は、

絶対的なセオリーとして君臨しているんですよね。

 

それにとらわれた木本青年は

頭を止めてスイングすることに邁進します。

 

頭を止めることで、首までが止まり、

窮屈なスイングが完成します。

 

スムーズな体重移動と身体の動きが

阻害されてしまうのです。

 

イメージでいうと

しっかり走る馬の動きを抑えてしまうのです。

手綱で首を抑えられた馬のような状態です。

f:id:golf-jyuku:20170613164549j:plain

そうなるとダイナミックに身体を使ったスイングができません。手で振った方がマシになるんです。

 

これが怖いですよね。

正しいことをしようとしても

セオリーに縛られてできなくなる。

 

「頭を動かすな」にとらわれ過ぎると

理にかなった動きを感じる事さえできなくなるんです。

 

前回の私の僧帽筋見ていただけましたか?

あんなことにならないよう整理整頓しましょう‼