木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

肩を入れる2‼ 

ある朝、子供が水筒に氷を入れようとしていました。

テーブルの上に水筒を置いて、氷を入れようとしています。

 

子供はまだ背が低いので水筒の口まで手を伸ばしてギリギリです。中々しんどそうです。水筒をテーブルから降ろして入れたらいいのに・・・。

 

f:id:golf-jyuku:20170606153723j:plain

 

 前回、

「コンパクトなトップでしかも肩がしっかり入っている状態の作り方があるんです。」

と言いました。

 

肩とボールの位置を考えてみてください。

 

ボールの位置が右にあるとかなり捻っても左肩がボールを少し追い越すぐらいです。

 

では、ボールの位置が左ににあるとどうでしょうか?少し身体を捻るだけで、ボールに対して身体が捻れた状態ができるのわかりますか?

 

*捻り方にもコツがありますが、それは別の機会にします。

 

答えは、アドレスでボール位置と自分の重心の位置を少しズラせばいいんです。

ボールを見る目線を変えるんです。

つまりボールの位置がめちゃくちゃ重要なんです。

 

ボールの位置一つで、身体の使い方まで変わるんですよ。

 

こうするとボールに当たりにくいなんて思わないでくださいね。

このズレはスイング中の身体の動き(スライド)が埋めてくれますから。

 

身体の動きを抑えて 、手だけで振りますか?

しっかり身体を動かしてボールを捉える方がはるかに楽ですよ!!