木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

身体をスイングの中に入れる⁉

身体を止めない方がいい。

ではどうやって使うのか?

 

キーワードは 

 「身体をスイングの中に入れる」

 

この聞きなれない言葉、これこそがスイングのポイントなんです。

ウエイトリフティングでもそうですが、身体の入れ方で発揮できる力が変わってきます。言葉ではわかりにくいですね。

次の写真を見てください。

 

f:id:golf-jyuku:20170530181822j:plain

 

シャフトの後ろにある身体がシャフトの下に入り込んでますよね。

股関節を伸展させ、地面とシャフトの間に身体を滑り込ませる感じです。

 

ゴルフスイングも同じなんです。

いかに身体をスイングの中に入れていくかがポイントです‼ 

 

わかりにくいので表現を換えると

「身体の動きが直接的にクラブに伝わる時間をつくる」

ということです。

 

 

これができているか否かが、球質の違いだったのです。

木本青年が気づけるわけありません。

あの頃の自分に教えてやりたいですね~(^^♪