木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

ヘッドが返るメカニズムとは?

左サイドの壁を作らずにクラブヘッドが返るとはどういうことか?

 

そもそもヘッドが返るということは、支点であるグリップが減速するから、ヘッドがグリップを追い越すのです。

 

ではその減速はどこで作るのか?

ここであのフレーズが出てくるのです。

「手を使わないように手を使う」

 

手の仕事はヘッドを返すのではなく、手元を引き付けることでグリップが減速し、ヘッドに遠心力を生じさせることです。結果としてクラブヘッドは返ります。

 

f:id:golf-jyuku:20170530175502j:plain

この意識を持つことで、ヘッドを返すのではなく、ヘッドが返るようになります。さらにヘッドスピードも上がります。

 

つまり、手を使ってボールをたたくのではなく、身体の近くに引き付けるように手を使うことで結果として、ヘッドも返るし、手の出力を使わない身体の力をしっかり伝えられるスイングになるんです。

 

だから、身体は止めてはいけないのです。