木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

ヘッドが返るメカニズムとは?2 

左足で壁を作って、クラブを加速させるといかにも力が伝わりそうですね。私もそう思っていました。木本青年は、身体を止めたり、逆に回すぐらいのイメージでスイングしていました。

 

その動きが身体を使うことになると解釈していました。

手元を使いつつ、身体も使っている。

 

それなりにヘッドスピードは上がるのですが、

身体を止めるとインパクトゾーンが短くなり

球筋が安定しません

 

前にも言いましたが、下半身や身体を動かす事は

飛距離を出すだけでなく、インパクトゾーンを長くして

球筋が安定するということが目的なのです。

 

話がそれましたが、手元を引き付けると

グリップが減速し、ヘッドの角加速度が増加します。

つまりクラブヘッドが返るのです。

 

言葉ではややこしいので

ここでは手のイメージだけで締めくくります。

 

手のイメージはずばりこんな感じです‼

f:id:golf-jyuku:20170627150535j:plain