木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

ゴルフはドラクエ⁉

 

真実に気づけないまま、手打ちを極めようとしていた木本青年は

クラブの振り方の研究にいそしみました。

「左サイドに振る」

「右サイドで振る」

「シャフトをしならせる」

「ヘッドだけを意識する」

 

色々な試行錯誤の末、ある開眼をしました。

「ボールを捕まえながら、逃がす。」

「オーバースピンをかけるようにフェースを使う」

わけわかりませんね(笑)

 

でもこれが良かったんです。

低いスライスである意味再現性の高いスイングになっていたのです。

まっすぐの球を打つだけがゴルフではない。

「同じ球が何度でも打てれば勝負になる。」

 

師匠の教えに

「ゴルフはドラクエ

というものがありました。

f:id:golf-jyuku:20170518114421j:plain

「ミスショットでも、意図的に打てるのならばそれは技術。」

「その技術を積み重ねることが経験値になりレベルアップにつながる。」

「その引き出しをたくさん持っている人が、プロゴルファーなんだ」

 

でも勘違いしないでくださいね。

引き出しに入っているのがミスショットばかりでは限界ありますからね(笑)。

 

効率よいスイングも収納しましょう‼