木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

シャットフェース!! 

「バックスイングでシャットにフェースを上げなさい。」 「フェースが開くとスライスするので、少し閉じる方が良いですよ。」 よく言われるレッスンですが、これは怖いです。 私も初心者のころ、言われました。 「クラブフェースは開いてはいけない。」 前回…

重心距離!! 

ゴルフクラブはシャフトの延長線上に打点がありません。 少し離れた位置に打点があります。 この距離は重心距離といわれ長い程ヘッドが返りにくく 短い程ヘッドが返りやすいです。 これが何を意味するか分かりますか? 重心距離が長かろうが、短かろうが ク…

手を使わないように手を使う!! 

クラブヘッドは緩やかにターンします。 手元のスピードを落とすとクラブヘッドはリリースされ、 ローテーションが起こります。 フェイスローテーションは、手元で返すわけではありません。 手を使って返すわけではなく、 結果手が返るように手元を使うという…

手首のてこ!! 

手を暴れさせないようにするということは バックスイングで腕を上げようとしないことです。 バックスイングでは、手を上げる意識はいりません。 むしろ手は下げるぐらいの意識が大切です。 そうすることで手首を支点とした梃子の力が働き クラブヘッドが上が…

ぐるぐる巻き!! 

身体が上手く動いてきても 腕が今まで通りだと変化はありません。 せっかく身体が動いていているなら 肘を身体から離さずにスイングしてみてください。 肘でわき腹をこするような動きになります。 腕は暴れないように使うことが大切です。 暴れないように手…

手元と身体の割合‼ 

股関節や肩甲骨が上手く使えると何が良いのでしょう!! もちろんパワーが伝わります。 でもそれ以上に大事なのが、 自由度の高い手の可動範囲を小さくでき、 再現性が高くなることなのです。 手元主導で動いてもボールは打てます。 むしろこちらの方が早く上…

右肩甲骨も畳める!! 

右股関節が畳めると、右肩甲骨もしっかり入りやすくなります。 肩甲骨が背骨に近づきトップのバランスが良くなります。 上半身が突っ込む人はこのバランスが悪くなりやすいです。 但し、上半身だけ意識しても治りません。 股関節の畳み込みがあって勝手に右…

なしよりのあり!! 

ゴルフスイングの腰の回転は 「必要あるのか?」 「ないのか?」 腰の動きに関しては 自分の意識で回転はさせません。 あるのは股関節を畳む意識です。 前傾姿勢をとることで 結果、必要最小限の回転の軌道になるんです。 この微妙な感覚を言葉でいうと 「な…

前傾姿勢でモデル立ち!! 

ゴルフスイングでの股関節の使い方は モデル立ちがポイントです。 ただそれだけではスイングになりません。 あとひとつ重要なことは、 「前傾姿勢をとることです。」 前傾姿勢をとって、モデル立ちをしてみましょう!! これで腰は回っているように見えるんで…

モデル立ちからの~!!

モデル立ち。 逆の足でモデル立ちです。 モデル立ちを左右交互に繰り返してみてください。 こんな感じになりますよね。 関節の動きはこれで正解です。 「これでは肩が下がって良くないのでは?」 と思わないでくださいね。 ゴルフスイングにするためには あ…

バックスイングはモデル立ち!!

前回の股関節を畳むとはどういうことでしょうか? 腰を回すのでもない。 止めるのでもない 。 ではどういうことか? 「腰は水平に移動する意識でちょうどいいんです」 バックスイングでは、水平に腰を移動してみてください。 骨盤を足(大腿骨)にめり込ませ…

畳む!! 

「腰は止めるでもない」 「腰は切るのでもない」 でも 「腰のパワーは必要」 ではどうしたらいいの? 不器用な腰をどのように使えばいいのでしょうか? 答えは股関節を畳む使い方です。 股関節の鼠径部のラインに沿って畳むのです。 回すのではなく右、左と…

腰は止めない!! 

バックスイングは腰を止めないといけないと思ってませんか? スウェーを防ぐために腰は動いてはいけないといわれます。 確かにスウェーはよくありません。 腰が回りすぎ、重心が流れると クラブは安定して下りてきません。 でも動作の途中で完全に止まってい…

腰=股関節と骨盤!! 

ゴルフでよく使われる腰という表現。 これは厳密にいうと間違いです。 外見上腰のあたりの動きなので「腰」と表現されているのです。 ではゴルフでよく使われる腰とはいったい何なのでしょうか? 答えは、 「股関節と骨盤」です。 この部分をどう使うかが 下…

力感!! 

強いインパクトを作ろうとした時の 一番問題になる点は何だと思いますか? 「自分の中での力感と実際の出力が違うこと」 身体に力が入り、いかにも強そうなインパクトでも 外に力が発揮できていなければ、 クラブに力が伝わっていなければ、 意味がありませ…

足の折れた椅子⁉ 

力の抜けたインパクトは 足の折れた椅子みたいなものです。 何とか立ってるでしょうが、 本来の目的である座る人を支えることはできないでしょう。 ゴルフスイングもインパクトでは 両手両足が椅子の足のようにそれぞれの役割があります。 それぞれに大切な…

キレよりも粘り!! 

「身体のキレが違うね~。」 「腰が回ってるね~。」 ゴルフでは、このように腰の回転が良いことが褒められます。 この言葉を聞くと やみくもに「早く腰を回せばいい」と捉えてしまいませんか? 私も試しました。 「自分のできる限りの速さで腰を回そうと・…

学習!! 

筋肉だって学習してるんです。 「どの筋肉を使うのか。」 「どのタイミングで力が入るのか。」 でも一瞬のスイング動作の中で 筋肉の使い方を変えることはすごく難しいです。 変えようと思っても、同じことを繰り返しているようなものです。 スイングを変え…

まっすぐ歩く!! 

まっすぐ歩けない人間はゴルフが上手くならない。 (風の大地から引用) 関節や筋肉の問題もありますが 目線にも影響を与えるので 傾斜に対する感覚が狂うみたいです。 足裏にまっすぐ荷重をかけることは意外に難しいんです。 試してみてください‼ 両足を肩…

釣り鐘の中に入る!! 

突然ですが、つり鐘の中に入ってみてください。 その中でバックスイングをとろうとしたらどうなるでしょう? 釣り鐘に手が当たらないようにクラブヘッドを高く上げてみます。 コンパクトなトップ、 肩の下のトップ、 入射角の浅いインパクトが体感できますよ…

二山型!? 

この12月にカシオから発売される「ヒップ スピーダー」。 身につけることで腰の回転の動きを数値化し 専用のアプリで見ることができるそうです。 私が気になったのはそのデータ。 理想のスイングは 「インパクトの時に腰の回転が一度止まり再び加速する型」 …

過ぎたるは及ばざるがごとし!!

腰を回すことは大切ですが、回しすぎると力が抜けます。 インパクトで力を伝えることが重要なのに 腰を回すことが目的になってしまっています。 試してみてください。 ①重たいものをクラブで押しながら腰を思い切り回す。 ②重たいものを押しながら足の力が抜…

二人羽織的指導法!! 

ゴルフレッスンにおいて、 言葉での説明だけで、 すべてを伝えることは難しいです。 身体に感じさせて理解してもらうことが大切です。 そのために私は黒子になり、 後ろからクラブを持ち、 一緒にスイングします。 身体の回し方、 クラブの引き付け方、 タイ…

なじむ ?! 

足の裏の使い方を意識するだけでも スイングが変わります。 土台である足の使い方が上手くなると 結果として股関節、腰、体幹、肩と 動きがつながるからです。 パーツパーツの動きを整えることも スイング作りの一つの方法です。 少しづつ身体がなじんでいく…

足裏の使い方‼ 

前々回の膝のイメージは試してみましたか? 感じ取れなかった人のために、もう一つ書いてみます。 右膝が左膝よりも前に出る人は 体重が早くつま先に乗っているはずです。 そんな時は 「右足裏のかかとに体重を残すイメージでインパクトを迎えてみてください…

乾いた音‼ 

『カシューン!!』 「風とけんかしてはいけない。」 「足の力が、股関節、体幹へと伝わる。」 「勝手に体が動いていく。」 「やっと打てました。」 「宇賀神さん、この音ですね。」 身体の力を効率よく伝えられた時の インパクト音は乾いています。 足の使い…

膝の使い方‼ 

下半身の使い方はマスターしにくいです。 前にも言いましたが、器用に動かす事が難しいからです。 でもゴルフが上手くなるためには ここは避けては通れません。 今回は膝の使い方について説明します。 身体の力が伝わるためには、 インパクトまで右膝は左膝…

足で字を書く‼ 

なぜスイング作りが難しいかわかりますか? 大きな体幹を使ってクラブをコントロールしたいからなんです。 手先を使えば器用なので、すぐにある程度コントロールできるようになります。 でもゴルフは、ボールを遠くに飛ばせるほうが有利です。 しかも安定的…

食わず嫌い動作!? 

「それはあかんやろ~」 「ありえへんわ~」 ほとんどの人は そんな動作は始めからしません。 食わず嫌いなんです。 食べたらおいしいことも知らないで・・・。 固定観念がゴルフ上達にとって一番の敵です‼! 前回のテーマでもありましたが、上体が突っ込むこ…

毒薬変じて薬となる!? 

「敢えて悪い動きをやってみる。」 これは2通りの意味があります。 一つは悪い動きをやることでいい動きを体感できることです。 でももう一つの意味は 自分が悪いと思っているだけで実は悪くない動作を確認できることです。 固定観念を捨ててチャレンジして…