木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

毒薬変じて薬となる!? 

「敢えて悪い動きをやってみる。」 これは2通りの意味があります。 一つは悪い動きをやることでいい動きを体感できることです。 でももう一つの意味は 自分が悪いと思っているだけで実は悪くない動作を確認できることです。 固定観念を捨ててチャレンジして…

乳酸菌レッスン‼ 

「スイング改造中やから・・・」 「今スイング治してるから、バラバラやねん。」 (しばらくして・・・) 「スイング治らへんし、元のスイングも忘れてん⤵」 こんな経験ありませんか? そんな方におススメなのが 私が伝えるレッスン方法です。 良い動きをス…

肩の下でスイング!? 

スイングのポイントは 「正しいフェースローテーション」 です。 これができればコンパクトなトップや 低い位置からクラブが入ってくる 安定感のあるインパクトが実現します。 これができた時の感覚が 「肩の下でスイング」 なのです。 肩の下に腕やクラブが…

手の位置は低く‼ 

「手の位置は低い方が良い。」 低い位置からクラブが下りてくると ヘッドの入射角が少なく インパクトがフラットになり スイングの再現性を高めます。 ではどうやって手の位置を低くするか?! 試してみてください。 ①フェースをシャットにしながらテークバ…

一つ前の動作?! 

「フェースローテーションを抑えたほうが良い」 私がゴルフを始めたころはこんなふうに言われてました。 「そうやな、フェースの向きが変わらない方が安定するやろな」と解釈し勝手にセオリーとして私の中に根付いていました。できるだけフェースを開かず返…

分厚い身体⁉

スイング中の手と身体の動きの量を 比べてみましょう。 手に比べると身体の動きは大きくありません。 だから疎かになるんです。 ボールにクラブをぶつけなければならないので どうしても手元に意識がいきがちです。 そして、ぶつけることができれば それなり…

腰元にお手元?! 

上からと下からは分かるけど 前と後ろって何? 問題は手元の位置です。 アウトサイドからクラブが下りてくる原因は 手元が離れているかどうかです。 手元が前に出た位置でクラブだけをインから下ろそうとすると ヘッドだけがインサイドに入ってしまいます。 …

四者択一⁉

木本青年は昔アウトサイドから下りてくる スイングに悩んでいました。 インパクトのゾーンが短く、 飛距離も出ません。 そんな時、アウトサイドからのスイングを矯正しようとして 下からあおるスイングになるときがあります。 これで一瞬良くなるんです。 少…

理想と現実‼

クラブフェースがまっすぐ ボールにぶつかるとどうなるでしょう? クラブフェースはシャフトの延長線上にないため インパクトの瞬間にボールに当たり負け クラブフェースは 開いてしまうでしょう。 つまり、まっすぐのインパクトを作るためには、 クラブフェ…

クラブは上から‼ 

クラブは上から来ないといけません。 下から来たら、ダフリ、チーピンの原因になります。 でもほとんどの人が、 インパクト付近でクラブを下から入れようとします。 この原因って意外なところにあるんです。 テークバックをシャットに上げすぎることで イン…

完全脱力は、是か非か⁈ 

「手の力を抜きましょう。」 「力まないようにしましょう。」 よく言われますね。 そして、皆さんその言葉通りにやってみた経験ないですか? 「ゆるゆるに握って手の力を限りなく0にする。」 「身体の回転だけでスイングしてみる。」 上手くいくわけありませ…

肩は回さない⁉ 2 

肩は非常に複雑な動きをします。 上腕骨と肩甲骨か連動して動きます。 動くものの上に動くものが乗っている状態です。 そのため何処をどの方向に動かすかが大切です。 左の肩甲骨は外転のみ。 左の上腕骨は内旋とわずかな外転。 右の肩甲骨は内転のみ。 右の…

肩は回さない⁉

「肩は背骨を中心に回すもの」 「肩はしっかりと入らないといけない」 言葉としてこれは正しいと思います。 でもほとんどの人が肩を回す際に 背骨に傾きがついてしまうんです。 この背骨の傾きがスイングプレーンを壊すんです。 いい方法があるんです‼ 背骨…

言いたいこと‼

色々書いてきましたが私が言いたいことは どのタイミングでどこをどう使うかなんです‼ 手元の使い方、身体の使い方なのです。 骨格や筋力によって微調整は必要ですが コアになる動きは変わりません。 言葉にすると難しく聞こえますが 出来てしまえば意外とシ…

頭の中のゴルフスイング‼ 

スイングをする上で 身体の役割、手元の役割を理解することが重要です。 簡単にいうと、 「どのタイミングで力を出せばいいか?」 「どの方向に動くのか?」 これを理解する必要があります。 更に理解を深めるためには 「どの方向に動いてはいけないか?」 …

ソフトボール上野選手‼

家でテレビを見ながらウトウトしている時に ソフトボールの上野選手が ピッチングの際のポイントについて話してました。 「どうしたらコントロール良く、力のあるボールを投げられるのか?」 私好みの企画で、目が覚めました(^O^) ①手は上から身体の横に下ろ…

足の蹴りとベタ足!! 

下半身の力は大切です。 足で蹴る力もいろいろ言われますね。 ふくらはぎが隆々としたインパクトが 良さそうに見えますが 実はそこではないんです。 「ふくらはぎだけを鍛えるなんてことしたらだめですよ。」 つま先内側が地面を押さえているところがポイン…

腰は回すの?

「腰を回す。」 よく言われるセオリーですね。 でもこれが難しいんです。 私も腰を先行させたり、 背中から回してみたり、 お尻を引いてみたりしていました。 「どれが正しいんだろう??」 言葉だけを聞くといきなり腰を回すように 聞こえますが、少し横にス…

身体の動きの役割‼

身体の力を使うことで コンパクトなトップから打つことができ、 ミート率が上がります。 身体の力も伝わるので、飛距離にもつながります。 そして身体の動きには、 もう一つ大きな役割があります。 それはインパクトゾーンを長くすることで 球筋が安定すると…

コンパクトなトップ!! 

前回 「最終目標は8時から22時の範囲を 身体の動きで移動させたいですね。」 と言いました。 コンパクトなトップはインパクトの再現性を高めます。 コンパクトなトップからしっかり力を伝えるためには 「手の力」ではなく、 「下半身や身体の力」を 伝える…

身体をスイングの中に入れる3 

8時から4時のイメージはわかりましたか? さぁ、ゴールが見えてきました。 この動作は感覚をつかむのが難しいので 気持ち良く打てるのに時間がかかるかもしれません。 でもここで負けたらだめですよ。 手打ちに戻ってしまいますよ。 この区間を手で加速する…

スイングの中に身体を入れる2 

以前に、スイングの中に身体を入れると言いました。 言い換えると、 「身体の動きが直接的にクラブに伝わる時間をつくる」 と言いました。 これがどういうことか説明します。 インパクト前からインパクト後のクラブの位置を時計に見立てます。 ちょうど8時…

反動は使わない!!

振り上げた勢いでクラブを振り下ろす人が多いです。 反動をつけるような打ち方です。 こうすると手の意識が強くなり、あまりよくないです。 身体がスイングをリードした結果、 勢いがついてくるのと、 似ていますが意味が違います。 出来ているかどうかを判…

アウトサイドからのダウンスイング‼

アマチュアの8割がこの症状で悩んでいるといわれます。 木本青年も同じでした。 「インサイドからクラブを下ろしたい。」 色々なレッスン書を読み漁りました。 「重力を使え」 「クラブの重さで垂直落下させろ」 「下半身リードで打て」 色々なヒントがあり…

霞の構え!!

剣術で見かけるこの構え。 「霞の構え」と言うそうです。 ここにクラブ捌きのコツが潜んでいるんです‼ この状態から刀を振ると 手元の移動距離は少ないですが、 剣先の移動距離は最も大きくなるのです。 つまり、ヘッドスピードが上がるんです‼ 刀は重いので…

ジグソーパズル‼

ジグソーパズルを行う時、始めは難しいですよね。何にもないところから作り出すことはすごく難しいです。 そんな時まずは角から、端からと埋めていきますね。 ゴルフもそれと同じです。 ゴルフスイングは、 どこにでも上げられるし、 どこにでも下ろしてこれ…

頭も止まらない!! 

身体が動かなければならないことはよく言われますが、頭が動いたほうが良いとは言われません。 これは、明らかな伸び上りや、 突っ込みに関しては正しいです。 でも身体を使ったスイングをする上では動くのが正解です。 しかしながら「頭を動かすな!!」は、 …

そこにボールがあるから・・・。

自分の身体を鏡で見てびっくりしたことがあります。 私の左の僧帽筋は高さ、厚みともに右の倍くらいあります。 膨らみすぎて、鎖骨に届きそうなくらいです。 なぜでしょうか? 私の場合、ボールを打つ瞬間に左肩を持ち上げ ボールとの距離のズレを修正してい…

肩を入れる2‼ 

ある朝、子供が水筒に氷を入れようとしていました。 テーブルの上に水筒を置いて、氷を入れようとしています。 子供はまだ背が低いので水筒の口まで手を伸ばしてギリギリです。中々しんどそうです。水筒をテーブルから降ろして入れたらいいのに・・・。 前回…

肩を入れる‼

身体を使う際によく言われる言葉があります。 「肩を入れろ!!」 肩の入りが浅いとクラブがアウトサイドから降りてきやすくなる。 確かに、そうですね。 身体の力を伝えるためには肩が入らないといけません。 「でもコンパクトなトップが良いんでしょ⁈」 「肩…