木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

下から上から? 

これは上から投げてますか? 下から投げてますか? 何を基準にするかで見え方が違いますね。 ゴルフも同じです。 アウトサイドからクラブが下りてくる人には 下から上に打つイメージを持つとインサイドアウトに 振りやすくなります。 でも勘違いしないでくだ…

順序!! 

つかまりすぎるぐらいのボールを打ってみてください。 そこではじめて腰を切ることの必要性が分かります。 つかまらないのに腰を切るとひっかけることでしか ボールを捉えられません。 セオリーは身につける順番が大切です!!

つかまえ方!! 

ボールをつかまえる時に大切なことは何だと思いますか? 手元をクラブヘッドが追い越すことです。 身体を回しすぎて手元が先行するとクラブヘッドは遅れます。 手元を飛球線方向にもっていかずにクラブヘッドが前に行くようにする。 インサイドアウトにスイ…

スイング応用!! 

片脚バランスをスイングに応用します。 スウェーせずにトップのバランスを作り、 そこからダウンスイングに入る前に元の位置に戻ります。 トップで左足を寄せさえすれば、 スウェーも防げ、ダウンスイングでのスライドまでついてきます。 いやーお得ですね!!

片脚バランス!! 

片脚立ちを行うと軸足はどうなるかわかりますか? 少し外側に体重をかけてバランスをとろうとします。 この動きが大きくなればそれはいわゆる右腰のスウェーです。 スウェーを起こさないようにするには上げる足を 内側に寄せる必要があります。 右腰が流れて…

スクワット!! 

トップからのスライド(横移動)の必要性は分かりましたか? ではどうやればいいでしょう。 一瞬のスイングの中に方向性の違う動きを 取り入れることは至難の業です。 トップのポジションから内側に寄せられた左足を 元の位置に戻せばいいんです。 元の位置…

横移動!! 

手を回り道させるにはもう一つポイントがあります。 トップからいきなり身体の回転が起こるのではなく 身体の回転の順番が少し後半になればいいんです。 では前半は何が起きているのでしょう? トップからは身体は股関節の幅の中でスライド(横移動)が起こ…

身体と手!! 

ボールに当てるだけなら、 パターとドライバーどちらが簡単ですか? パターですよね。 ドライバーなどのショットは ヘッドスピードを上げるために 関節の梃子をつかい、 加速させなければならないからです。 だからこそ身体の動きと手元の動きを コントロー…

回り道!! 

手元がボールに最短で向かうことが ダメなことは分かりますか? 「突っ込んで」 「アウトサイドからクラブが下りてきて」 「カットして」 「スライスする」 手元がインサイドから下りてきて 回り道をして時間がかかり(=減速して) フェイスがローテーショ…

手元の運動量!! 

このコラムでもさんざん言っていますが、 大事な要素に「手元の引き付け」があります。 手元が減速するのでクラブヘッドが走る。 でもスピードを意図的に落とすのでもない。 勝手に落ちるように。 これで大分近づきますが、まだまだむずいですね~。 減速す…

スピード!! 

スイングにおいてスピードの概念は大切です。 特に大事なのが、 「バックスイングを安定させるスピード。」 「フェイスローテーションが起きるスピード。」 理想は、バックスイングは速く、ダウンスイングはそれよりも遅くなります。 それができると上の二つ…

減速と停止!!  

身体が止まるとクラブが急激にターンして引っかかる。 身体が動くとクラブのターンが遅れる。 身体は動かないといけないが、大きすぎたり、速すぎてはいけない。 こんな難しい事できます? 私はできません。 結果こうなればいいんです。 一つの方法として、…

「身体を止めるな」の解釈!! 

塩味が付いているものに 更に塩はつけないようにということです。 辛くなりすぎると嫌なので 「減塩する方が良いよ。」 これが「身体を止めるな」の解釈です。 でも塩味がついてない人には 塩をつけないといけません。 流れの中で無意識にできていることに …

二山型!!

身体の動きのスピードを計測する機械を使うと プロゴルファーの身体の動きが分かります。 インパクト前に身体の動きがほぼ0になり その後また動き出すことが分かります。 (二山型のインパクト) この身体の回転スピードが限りなく0に近くなる動きが フェイ…

つかまり!! 

ボールのつかまりは大切です。 このつかまりはどうやって作るでしょう? 腰のキレ!? 違います。 腰をきれば切るほど つかまり感はなくなります。 大切なのはフェイスローテーションです。 でもフェイスローテーションを作るのではなく フェイスローテーシ…

クラブは立てる?寝かす? 

これもどちらが正しいか意見が分かれるところですね。 クラブは立てるのが正解です。 寝かせたままでは打てません。 だからと言ってずっと立てておくのも間違いです。 加速するエネルギーが使えません。 そして必要以上に立てすぎるとインパクト直前に 体が…

何が正しい⁉ 

「スイングはいきもの」 私の師匠の言葉です。 身体は反応します。 「右が嫌な時」 「左が嫌な時」 「ミスしたイメージが残る時」 「無意識でコントロールできない反応を 意識でコントロールするために 沢山の引き出しを持ちなさい」 アドレス、グリップ、ボ…

どう向き合うか!! 

色々なレッスンが溢れ、 何が正しいのかが分かりにくいですね。 私も仕事柄色々なレッスンを研究しています。 どのインストラクターさんも 非常に興味深いし、勉強になります。 言葉をそのまま受け止めると 真逆のことを言っている場合が多々あります。 でも…

押すか?引くか? 

私がゴルフを始めたころ ジャンボ尾崎さん、青木功さん全盛期。 当時の主流派インサイドアウト(押す)でドローが正義でした。 次の世代丸山茂樹さん全盛期には インサイドイン(引く)のフェードが正義となりました。 どちらも正解です。 どちらか一つの要…

錯覚!! 

ゴルフスイングは初心者の人ほど 身体はほとんど動きません。 こういう人に「身体を回せ」は非常にいいアドバイスです。 しかしながらある程度ゴルフの練習をしてくると ほとんどの人が身体を回せるようになり上手くなります。 そしてこの成功体験から 「回…

肩を回す、腰をきる!! 

私が諸悪の根源と思っている言葉。 「肩を回す」 「腰をきる」 この言葉のせいで、 遠回りして、 帰ってこれなくなって、 挙句の果てに、 ゴルフをやめてしまった人もいるのではないでしょうか? 肩も腰も、 必要な範囲で動かし、 その範囲で止めるくらいで …

言葉の解釈!! 

あけましておめでとうございます。 ゴルフって難しいですね。 でも難しくしてるのは言葉の解釈なんです。 解釈の仕方を変えれば、意外と簡単なんですよ。 言葉のイメージに捉われないで ゴルフと向き合って行きましょう!! 上手くいくとメチャクチャ楽しいゴ…

脱回転!! 

ゴルフスイングは回転と思われがちです。 実際図のようにイメージしている人が多いのではないでしょうか? 確かに体の動きや、クラブの軌道を見れば回転にみえるでしょう。 でもこれらの動きは、関節の減速や加速によって成り立っています。 このイメージで…

股関節の切り替え!! 

前回の肩のローリングをしている時に 下半身を見てみてください。 下半身は完全に止まってますか? 上半身がスムーズに動くために 下半身も連動して動いてますよね。 股関節の動きはその時に連動して動く範囲で充分なんです!! この部分の動きだけを抽出する…

肩の可動域!! 

肩、肩甲骨を中心とした動きだけで ボールを打ってみましょう!! 身体や足をほとんど使わなくても かなり動くこの部分だけを正しく動かせば、 かなりいい球が出ますよ。 逆に言えば、体や足を変に動かして スイングが崩れている人が多いです。 矯正法としては…

左骨盤!! 

前回の右脇腹を伸ばさないために 意識するべき部分の答えです。 「左骨盤」 試してみてください‼ 左骨盤が下がると右脇腹が伸びませんか? 逆に左骨盤を落とさないように高い位置で キープさせようとすると右脇腹が伸びないのが分かりますか? トップポジシ…

右脇腹!! 

右脇腹は伸ばさないことが大切です。 右脇腹が伸びるということは重心が逆流し トップのバランスが崩れてしまいます。 結果、プレーンにクラブを下ろせなくなります。 右脇腹が伸びないようにするためには 右脇腹の意識だけでは改善しません。 どこを意識す…

楕円の回転!! 

テークバック始動時の身体の回転イメージです。 赤が肩、黒が骨盤です、厳密には腰も少し動きます。 少し右寄りが軸になります。 背骨を中心としません。 この回転イメージが、 クラブをインサイドから下ろすポイントです。

コリオリ!! 

台風が右に曲がるのも ボールが曲がるのも コリオリ力が原因です。 回転する体幹がある以上、腕とクラブは その運動のエネルギーの影響を受けます。 腕を落下させる感覚や インサイドに引き付ける感覚が必要なのは この力の影響を受けないようにするためです…

捻らない!! 

体を捻ることが大切といわれますが そうでもありません。 トップでは捻ったように見えているだけです。 特に背骨を中心に捻ると 上体が早くほどけて アウトサイドからの軌道になりがちです。 右の股関節の上で折りたたまれている ぐらいでちょうどいいんです‼