木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

左骨盤!! 

前回の右脇腹を伸ばさないために 意識するべき部分の答えです。 「左骨盤」 試してみてください‼ 左骨盤が下がると右脇腹が伸びませんか? 逆に左骨盤を落とさないように高い位置で キープさせようとすると右脇腹が伸びないのが分かりますか? トップポジシ…

右脇腹!! 

右脇腹は伸ばさないことが大切です。 右脇腹が伸びるということは重心が逆流し トップのバランスが崩れてしまいます。 結果、プレーンにクラブを下ろせなくなります。 右脇腹が伸びないようにするためには 右脇腹の意識だけでは改善しません。 どこを意識す…

楕円の回転!! 

テークバック始動時の身体の回転イメージです。 赤が肩、黒が骨盤です、厳密には腰も少し動きます。 少し右寄りが軸になります。 背骨を中心としません。 この回転イメージが、 クラブをインサイドから下ろすポイントです。

コリオリ!! 

台風が右に曲がるのも ボールが曲がるのも コリオリ力が原因です。 回転する体幹がある以上、腕とクラブは その運動のエネルギーの影響を受けます。 腕を落下させる感覚や インサイドに引き付ける感覚が必要なのは この力の影響を受けないようにするためです…

捻らない!! 

体を捻ることが大切といわれますが そうでもありません。 トップでは捻ったように見えているだけです。 特に背骨を中心に捻ると 上体が早くほどけて アウトサイドからの軌道になりがちです。 右の股関節の上で折りたたまれている ぐらいでちょうどいいんです‼

腕の隙間!! 

テークバックの隙間は 左腕と胸の間の隙間です。 ここが詰まりすぎると 切り返しでアウトからしかおりてきません。 インに引きすぎるとここが詰まってしまいます。 だからアウトに上げることがセオリーになるんです‼

隙間!!  

バックスイングは隙間が大切です。 身体を強く捻ることが大事だと考えていると 切り返しで隙間が無くなり クラブがアウトサイドから下りてきやすくなります。 身体の回し方、腕の上げ方、隙間の無くなり方がポイントです‼ これが出来ればアウトサイドからク…

膝下!! 

膝下の使い方をイメージするだけで 身体の使い方が上手くなります。 インパクトまで右膝が左膝を追い越さないように 膝下から足指に出力させる練習をします。 始めはアプローチから練習して 違いを感覚でつかめば後は練習あるのみ!! インパクトで腰がスピン…

意識と結果!! 

身体が反応すると結果が変わります。 つまり自分の意識と逆の動きを身体がしてしまうのです。 そうなると意識を変えてみることも大切です。 スポーツ動作は逆の意識が正解であることも多いです。 自分の身体の使い方を見つけたいですね!!

反応!! 

身体は反応します。 意図しない動きになりそうなときに 無意識に反応します。 ダフリがその典型です。 下から来ないように上から閉じる意識を持ちすぎると 寸法が合わなくなり 最後の最後でクラブを寝かせてしまいます。 そうしてダフリにつながるんですね~…

引っかかり!! 

ゴルフの中でも嫌なミス 「引っかけ」。 今回はこの引っかけではなく 「引っかかり」についてです。 1年以上ブログを書いていますが すべての記事が引っかかるわけではありません。 悩んでいる状況や、スイングの癖によって なんかピンとくるものや ピンとこ…

膝沈み!! 

インパクトで膝が沈む人がいます。 昔の私がそうでした。 師匠からよく言われたものです。 「左膝が止まればええのに・・・。」 それからず~っと、左膝を止めるように練習しました。 でも治りません。 身体の悪い動きは、何か足らない動きをかばっています…

前傾角度!! 

身体の前傾角度は大切です。 角度を変えないようにスイングしているつもりでも 意外と変わっていることが多いです。 前傾角度が起き上がると、 手元が身体から離れ、クラブが寝ます。 結果ダフリや、プッシュ、チーピンが出る 不安定なスイングになります。 …

トラックスイング2‼  

トラックを身体として、考えてみましょう!! トラックをどう走らせるかで、手元の意識が変わってきます。 ボールに対して 「インサイドから走らせるか?」 「アウトサイドから走らせるか?」 飛球線方向に対して、 「右に走らせるのか?」 「左に走らせるのか…

身体を止めるな!! 

カウンターを働かせ、 クラブヘッドをターンさせるには 身体の動きは減速しなければいけません。 ここで大切なのは意図的に減速するのではなく 勝手に減速されている状態になることが正解です。 しかしながら、意図的に減速しようとするため 身体を止めて、…

上達までにしたい5つのこと!!

「自分ですること」と 「クラブの動きがしてくれること」を 「明確に分けること」が大切です。 具体的には、 「アームローテーション」と 「カウンター」です。 これをごちゃごちゃにすると スイングが乱れます、そして身体も疲れます!!

拾う!! 

スイング軌道がしっかりしていると、 クラブヘッドには軸を中心とした 円運動が生まれます。 これによりあたかもボールを拾うような クラブヘッドの動きが出現します。 クラブヘッドでボールを拾いましょう!!

ひっくり返す人!! 

どうしてもうまくいかない時は やり方が間違ってます。 100mで9秒台や 160Kmのボールを投げるには 才能も必要でしょう。 ゴルフが上手くなるのは 才能ではありません。 「どうやるか?」 ただそれだけです。 上手くいかない人は 自分の中の常識をひ…

疲れし人‼ 

返らぬ人は、何がかばってくれるのでしょうか? 前にも書きましたが、 「上体を突っ込ませて・・・」 「左サイドに身体を引っ張りまわして・・・」 身体がかばってるんです。 ボディーターンなんて言葉が それを正当化します。 身体が疲れます。 正しく使い…

かばう人!!

人間の身体は賢いです。 動かなくなった関節や 弱くなった筋肉があっても 他の関節や筋肉がかばってくれるからです。 これを代償動作と言います。 これのおかげで何とかなってはいます。 しかしこれをほっておくと かばっている部分が疲弊して 更なる弊害を…

失いし人!!

ヘッドターンが起こらない人は ボールがつかまりません。 つかまえるためには、身体で左サイドに 引っ張りまわさなければならなくなります。 いわゆる「ひっかけ」ですね。 正しいヘッドターンが起こらなければ 正しいインパクトが作られません。 インパクト…

返さぬ人!! 

ヘッドをまっすぐ動かそうとする人です。 ストレートボールを打ちたいがあまり 目標方向にクラブフェースを向けつづける人です。 どんな人でもフェースターンはしています。 フェースターンがなければボールは捕まりません。 返さぬ人の正解は、返りすぎるの…

返らぬ人!! 

ヘッドは返すのではありません。 勝手に返るようになるのが理想です。 上手い人は、返りすぎてつかまりすぎるのを嫌がって 返らないように意識することはあります。 つまりどんな時も返そうとはしないんです。 でも、問題はちゃんと返ってないのに返らないよ…

カウンター !!

意味は、反対。逆。また、反撃・反抗。 クラブを引き付けることでクラブヘッドに 逆方向の力がかかりヘッドがターンします。 手で返すのではなく、カウンターを働かせるのです。 このイメージが分かるとボールがつかまりやすくなります!!

下から来ない!!

手元が浮いて下からクラブが入ると 「ダフリます」 でも、アウトサイドからクラブが下りてくる人は 何とかインサイドからクラブを入れようとして 手元を浮かして下からクラブを入れます。 上からクラブを入れることが大切です。 下から入れていたら膝立でき…

ダフりの正体!!

アドレス時のシャフトの位置に 出来るだけ近い位置にシャフトが来ることが 再現性の高いスイングです。 手元が浮いてクラブヘッドだけを アドレスの位置に持って来ようとすると ダフリます。 この場合インパクト付近での手とクラブの動く方向が逆になってし…

右肩の回転軸!! 

右肩はインパクトまで大きく動かないほうが良いです。 かといって止めるわけではないです。 小さな回転軸で遠心力を引き出す感覚が必要です。 沖田のスイングを見てください。 腰の回転の後に、右肩の軸が崩れずに まわっている感じ分かりますか? このイメ…

ダイナミックな動き 

前回の右肩の動きの続きです。 プロのスイングを見て思いませんか? フィニッシュまで大きく身体を回し 右肩が目標方向を向くまで振り切っていますね。 「右肩も大きく動いてるやん」 て言いたくなりますね。 ここの解釈がポイントです。 この右肩の動きはフ…

右肩の意識!! 

「肩を回せ」という言葉も怖いですね。 実は 右肩の動きはインパクトまでは非常に小さいのです。 下半身に引っ張られて動くだけでいいのです。 受動的に使うのが理想ですが どうしても能動的に使ってしまいますね。 なぜなんでしょう? 続きは次回に。

言葉の解釈!! 

「身体を使う」という言葉を意識しすぎると 身体を動かしすぎるというミスにつながることがあります。 「スイング軌道は楕円が正しい」という言葉を意識しすぎると スイングが間延びしてうまくいきません。 以前は2軸スイングなどもはやりましたが これも解…