木本茂晃のゴルフ塾

動作改善トレーナーの思考

腰は回すの?

「腰を回す。」 よく言われるセオリーですね。 でもこれが難しいんです。 私も腰を先行させたり、 背中から回してみたり、 お尻を引いてみたりしていました。 「どれが正しいんだろう??」 言葉だけを聞くといきなり腰を回すように 聞こえますが、少し横にス…

身体の動きの役割‼

身体の力を使うことで コンパクトなトップから打つことができ、 ミート率が上がります。 身体の力も伝わるので、飛距離にもつながります。 そして身体の動きには、 もう一つ大きな役割があります。 それはインパクトゾーンを長くすることで 球筋が安定すると…

コンパクトなトップ!! 

前回 「最終目標は8時から22時の範囲を 身体の動きで移動させたいですね。」 と言いました。 コンパクトなトップはインパクトの再現性を高めます。 コンパクトなトップからしっかり力を伝えるためには 「手の力」ではなく、 「下半身や身体の力」を 伝える…

身体をスイングの中に入れる3 

8時から4時のイメージはわかりましたか? さぁ、ゴールが見えてきました。 この動作は感覚をつかむのが難しいので 気持ち良く打てるのに時間がかかるかもしれません。 でもここで負けたらだめですよ。 手打ちに戻ってしまいますよ。 この区間を手で加速する…

スイングの中に身体を入れる2 

以前に、スイングの中に身体を入れると言いました。 言い換えると、 「身体の動きが直接的にクラブに伝わる時間をつくる」 と言いました。 これがどういうことか説明します。 インパクト前からインパクト後のクラブの位置を時計に見立てます。 ちょうど8時…

反動は使わない!!

振り上げた勢いでクラブを振り下ろす人が多いです。 反動をつけるような打ち方です。 こうすると手の意識が強くなり、あまりよくないです。 身体がスイングをリードした結果、 勢いがついてくるのと、 似ていますが意味が違います。 出来ているかどうかを判…

アウトサイドからのダウンスイング‼

アマチュアの8割がこの症状で悩んでいるといわれます。 木本青年も同じでした。 「インサイドからクラブを下ろしたい。」 色々なレッスン書を読み漁りました。 「重力を使え」 「クラブの重さで垂直落下させろ」 「下半身リードで打て」 色々なヒントがあり…

霞の構え!!

剣術で見かけるこの構え。 「霞の構え」と言うそうです。 ここにクラブ捌きのコツが潜んでいるんです‼ この状態から刀を振ると 手元の移動距離は少ないですが、 剣先の移動距離は最も大きくなるのです。 つまり、ヘッドスピードが上がるんです‼ 刀は重いので…

ジグソーパズル‼

ジグソーパズルを行う時、始めは難しいですよね。何にもないところから作り出すことはすごく難しいです。 そんな時まずは角から、端からと埋めていきますね。 ゴルフもそれと同じです。 ゴルフスイングは、 どこにでも上げられるし、 どこにでも下ろしてこれ…

頭も止まらない!! 

身体が動かなければならないことはよく言われますが、頭が動いたほうが良いとは言われません。 これは、明らかな伸び上りや、 突っ込みに関しては正しいです。 でも身体を使ったスイングをする上では動くのが正解です。 しかしながら「頭を動かすな!!」は、 …

そこにボールがあるから・・・。

自分の身体を鏡で見てびっくりしたことがあります。 私の左の僧帽筋は高さ、厚みともに右の倍くらいあります。 膨らみすぎて、鎖骨に届きそうなくらいです。 なぜでしょうか? 私の場合、ボールを打つ瞬間に左肩を持ち上げ ボールとの距離のズレを修正してい…

肩を入れる2‼ 

ある朝、子供が水筒に氷を入れようとしていました。 テーブルの上に水筒を置いて、氷を入れようとしています。 子供はまだ背が低いので水筒の口まで手を伸ばしてギリギリです。中々しんどそうです。水筒をテーブルから降ろして入れたらいいのに・・・。 前回…

肩を入れる‼

身体を使う際によく言われる言葉があります。 「肩を入れろ!!」 肩の入りが浅いとクラブがアウトサイドから降りてきやすくなる。 確かに、そうですね。 身体の力を伝えるためには肩が入らないといけません。 「でもコンパクトなトップが良いんでしょ⁈」 「肩…

身体をスイングの中に入れる⁉

身体を止めない方がいい。 ではどうやって使うのか? キーワードは 「身体をスイングの中に入れる」 この聞きなれない言葉、これこそがスイングのポイントなんです。 ウエイトリフティングでもそうですが、身体の入れ方で発揮できる力が変わってきます。言葉…

馬が身体です⁉

手元のイメージはわかりましたか? クラブヘッドが返るのは手元の使い方にポイントがあるんです。 これで身体を止めない方が良いのはわかりましたよね。 これはすごく重要です。 身体は動き続けるべきなのです。 これらの意味を本当に理解している人は少ない…

ヘッドが返るメカニズムとは?2 

左足で壁を作って、クラブを加速させるといかにも力が伝わりそうですね。私もそう思っていました。木本青年は、身体を止めたり、逆に回すぐらいのイメージでスイングしていました。 その動きが身体を使うことになると解釈していました。 手元を使いつつ、身…

ヘッドが返るメカニズムとは?

左サイドの壁を作らずにクラブヘッドが返るとはどういうことか? そもそもヘッドが返るということは、支点であるグリップが減速するから、ヘッドがグリップを追い越すのです。 ではその減速はどこで作るのか? ここであのフレーズが出てくるのです。 「手を…

左サイドの壁とは?

よく言われますよね。 「左サイドの壁を作らなければならない。」 「身体を止めて壁を作りなさい。」 でも 前回、身体は止めないで動かなければいけないと言いました。 「止めるの??」 「動くの??」 「動きながら止めるの??」 こういうところなんです、整理…

エンジンは2つ⁉

前回のトラックの上でスイングするイメージはしていただけましたか? あの場合のトラックは身体の動きと考えてください。 そう考えると急ブレーキ踏む必要ないですよね。 トラックの運動エネルギーもプラスしないと もったいないです。 つまり、スイングのエ…

身体は止まってはいけない!!

想像してください‼ ①「椅子に座り、クラブを手だけでクルッとスイングします」 ②「時速100Kmで走っているトラックの荷台の上の椅子に座り、クラブを手だけでクルッとスイングします」 どちらの方がボールが飛ぶと思いますか? もう一問、 ①「時速100Kmで走っ…

ノーマルマリオ⁉

身体も休まずスイングできている人と 休んでいる人の違いを説明します。 ノーマルマリオ状態の人です。 この人は、クリボーに当たれば死んでしまいます。 つまりボールに当たったときにボールに負けてしまいます。 トップから切り返しだけ力が入ってクラブを…

無敵マリオ⁉

クラブに仕事をさせるとはよく言いますが、 自分も仕事をしないといけないんです。 インパクト以降の減速を抑えるためには 休んでいる暇はないんです。 でも力んでいるわけではありません。 力を伝えているということが大切なんです。 ボールの衝撃に負けず…

減速を抑える‼

ヘッドスピードが重要といわれます。 確かにヘッドスピードは速い方が良いと思うかもしれませんが それと同じくらい重要なのが 「インパクト後のヘッドの減速が少ないこと」 が大切なんです。 正確に遠くに飛ばすためにはここは避けては通れません。 ボールにコ…

引っこ抜く感覚⁈

体を使う時によくありがちなのが 横に回そうとしすぎることです。 一見ゴルフスイングは横回転に見えますもんね。 でもトレーナーとして身体の動きを研究していく中で 横に回す動きはそれほど強いものでないことが分かりました。 スイングの結果として身体は…

上下動について

「バックスイングで伸びあがるなぁ」 「頭の高さを変えんとこう」 「水平に体を回そう」 「腹筋が弱いんかなぁ」 球質で悩んでいた研修生の木本青年は 師匠や上手い人との球質の違いを何とかしたいと悩んでました。 伸び上りはダメ。 突っ込みもダメ。 ゴル…

何が違う⁈

師匠の教え通りに、引き出しを整理し ある程度再現性が高いスイングが身についてきました。 しかしながらその当時の私は、パープレーで回るのが精一杯でした。 バーディを量産し、アンダーパーの世界に潜ることはできません。 師匠たちは平気で-5、-7、…

ゴルフはドラクエ⁉

真実に気づけないまま、手打ちを極めようとしていた木本青年は クラブの振り方の研究にいそしみました。 「左サイドに振る」 「右サイドで振る」 「シャフトをしならせる」 「ヘッドだけを意識する」 色々な試行錯誤の末、ある開眼をしました。 「ボールを捕まえ…

なぜ右に行くのか?

初心者の方の悩みで多いのがスライスです。 なぜでしょうか? 「カット軌道になるから」 「フェースがターンしにくいから」 私も悩みました。 こんな時よくあるレッスンが 「トップからクラブを振る」 「右サイドでクラブを返すイメージで振る」 などがあり…

整理整頓‼

ゴルフにはたくさんの理論がありますね。 これがどれだけの人を惑わしているか(@_@) 私も悲しいぐらいその中の一人でした。 雑誌を読み漁り、連続写真を見まくりました。 でも悩み続けて、整理整頓できた時に気づけたんです。 本当に大切な原理原則を。 骨格…

足の役割は再現性⁉

あなたは、くぎを打つときに、 「大きく振りかぶりますか?」 よく言われる「下半身リード」。 頭で分かっているけど不器用な下半身は使いづらいですよね。 ではなぜ下半身で打たなければならないんでしょうか? ①器用な手ではプレッシャーがかかった時に敏…

手を使わない⁈

右手・左手で悩み倒した私のお話は 読んでいただけましたか? 手を使ってスイングをコントロールしようとした私の 次のテーマは「手を使わない」ことでした。 ある意味、素直ですね(笑) グリップをゆるゆるにして下半身のリードを意識して スイングし続け…

手を使わないように手を使う3!?

左打ちにして4カ月。 道半ばにして、ゴルフ部を引退する時期になりました。 半端ではない程のやり残した感を感じていた私は ゴルフ部の引退と同時に大学も引退することに決めました。 そしてゴルフ場で働きながらプロゴルファーを目指したのです。 なんちゃ…

手を使わないように手を使う2 !?

左手の弱さに悩んだ大学生の私は、ある方法を思いつきます。 「左手を右手のようにできないのなら、 右手を左手として使ってみよう!?」 簡単に言うと、 「左打ちに変えてみたんです‼」 馬鹿ですねー(笑) 当時私は弱小とはいえゴルフ部のキャプテンでした。…

手を使わないように手を使う1⁉ 

「ゴルフは、右手リード?左手リード?」 昔からよく議論されますね。 私も、学生時代悩みました。 強すぎる利き腕(右)に悩み、左手の強化に取り組みました。 お箸も字も手荷物もすべて左で行いました。 結果は、・・・? 左手で少し上手にご飯が食べられ…

誰に習う?

本当にゴルフが上手くなりたいのであれば、 誰に習うのが良いかわかりますか? 1 プロゴルファー 2 センスのある上手なゴルファー 3 めちゃくちゃゴルフが下手だった人が、時間をかけて試行錯誤し、上手になった人 答えは、3 です。 1,2の人は最初か…

あなたの知らない世界「動作改善トレーニング」って?

皆さんは、自分のことどれぐらい知ってますか? 性格や容姿ならよくわかっていると思います。 でも体の動かし方になると、よくわからないですよね。 分かっても、せいぜい姿勢が良いか、悪いかぐらいちゃいます? そうなんです、知らない人が多いんです。 「…

自己紹介

大した実力もない学生ゴルファーが、 プロゴルファーを目指し、ゴルフ場の研修生になる 沢山の師匠に恵まれ、6年かけて技術を磨く。 2001年JGTOファーストクオリファイトーナメントを突破。 セカンドクオリファイトーナメントに出場するも 1打差でサード…